茨城県バレーボール協会

生命 輝く 夢と感動を目指して応援します!かんばれ!茨城県のバレーボール

概要 茨城県バレーボール協会の協会概要です

運営基本方針

  • はじめに
  • 45年ぶりの天皇陛下御即位記念第74回国民体育大会いきいき茨城ゆめ国体においては開催地「大洗町・ひたちなか市・結城市」をはじめ,茨城県バレーボール協会役員を中心とする競技会役員及び競技補助員の皆様には準備から大会運営におきまして献身的にサポートをしていただき,大会を成功裏に終えることができました。また,それぞれの種別においてチーム(選手・監督・チームスタッフ)が素晴らしい試合を展開し,全種別において入賞することができたことは,すべての方々に感動を与えたのではないでしょうか。あらためて感謝申し上げます。
  • 目標
  • 時代の著しい変化に対応すべく,連携を図り組織運営に尽力する。茨城国体後もさらなる競技力向上を図り,チームが全国大会や関東大会において,持てる能力を十分に発揮し優秀な成績を収められるよう支援していく。
  • 基本方針
  • 指導普及
    (1) 競技人口減少をくい止めるべく新たな方策を模索し,計画・実行していく。特に中学校教員負担軽減による部活動の指導者育成・対策を指導普及委員会を中心に計画・実行していく。
    組織再編
    (2) ビーチバレーボール連盟の充実した組織運営と選手,指導者,競技役員(審判員)の育成を図る。
    大会の活性化と主管大会の円滑な運営
    (3) ①天皇杯・皇后杯茨城県大会の参加チームの拡大(カテゴリー)
    ②茨城県民総合体育大会及び(公財)日本バレーボール協会補助対象競技会茨城県予選会の運営
    ③VⅠ・Ⅱリーグを通して,より一層のファンの拡大と子どもたちに夢や感動を与え,
    バレーボールの魅力を伝える。
    体罰撲滅に向けた指導の徹底を図る
    (4) JVA「指導者における倫理ガイドライン」を遵守し,バレーボールの指導に限らず日常生活の場においても,
    スポーツに携わる者として責任ある講堂と自覚を持つ。
    健全な財政の安定化
    (5) ①収支バランスのとれた予算の編成を執行し,経費削減に努める。
    ②登録チーム(大会参加チーム)の拡充と個人登録の拡大を図る。 *新MRSシステム(次年度より)
    (6) 危機管理マニュアル(新型コロナウイルス)対策の徹底 

問合せ先

茨城県バレーボール協会窓口:info@ibaraki-volleyball-ac.jp

関連リンク